使用上の注意
ツイッターはこちら"

ホームスタッフの日々
スタッフの日々
スタッフの日々:2076
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 104 次のページ»
2017年07月28日

ピンチはチャンス。

うわーっ、どうしよう!と困ってしまう問題が起こった時、必ず口にする言葉です。

誰かが困っている時にもそういいます。

何度もつぶやいていると本当にチャンスとなってくるから不思議。

そしてそのチャンスは確実にものにできます。

今、大きなピンチを迎えている人、人生で一番苦しいと思っている人、何度もつぶやいてみて。

これって暗示ってわけではないと思うのです。

チャンスという言葉を何度も頭に浮かべることで、何かいい方法はないだろうかと真剣に考えるし、どうしてこうなってしまったかの理由を無意識に考えるから。それも前向きに。

その中には反省や失敗の原因もあるわけで、自分でそれを受け止めて、受け入れていくことで、よし、じゃあ、こうすればいい、こうしよう!と打つ手を考えられるようになるからじゃないかと思うのです。

ピンチはチャンスといっている時って、あまり猶予がない状態のほうが多いと思うのですが、そこで頭をフル回転させるといつも以上のパワーがすごいスピードで出てくるなあって思います。ブーンって頭のモーターの動く音が聞こえてくる気さえします。

ピンチはチャンス。負けないで。

 

 

 

2017年07月27日

調停に行ってきました。

調停とはお互いの主張を調停員や裁判官が間に入って聞き、妥協できるポイントを探し解決に導くというものです。

今回の調停は私と娘が、娘が習っていた津軽三味線講師の数々のセクハラ言動に対して謝罪を求めたのです。

この講師はまだ若いので穏便に済ませた方が彼の将来の為にもいいと思いましたし、きちんと反省して謝ってくれればそれでいいと思っていたのですが、最低な人間で。

最初は「そんなつもりはなかったけれど、誤解させるようなことがあったかもしれない。謝罪に行かせてください」と講師を派遣する代表の奥さんを通して連絡がありましたが、証拠がないと思うと、途端に否認。

密室で2人きりの教室でどうやって証拠を出せばいいのでしょう。娘は子供ですし。

3年近くレッスンを受けていたのですが、おかしいぞという言動をしてくるようになったのは、娘がやめる5ヶ月前くらいから。

ですが、レッスンを始めて1ヶ月くらいで、「僕は以前、整体師だったんだよ」と娘にいい、「背骨が曲がっているみたいだね」「骨盤がちょっとずれているよ」などといい、とんとん、と叩いたりということはしていたようです。

大人、それも先生という立場の人に整体師だったといわれたら、普通は信用しちゃいますよね。

片方は騙そうとしているわけですが、片方は信用するに決まっているシチュエーション。どう考えても不利。

そこから少しずつ少しずつ、講師の言動はエスカレートしていくことになりました。

「次回は動きやすいジャージの上下みたいな服装で来て。レッスンじゃなくて整体をしてあげるよ」といわれたんだよね、と娘が話したことがありました。

私も元整体師だったと聞いていたので疑ってはいなかったのですが、「でもさ、三味線を習いにいってるのにレッスンじゃなくて整体をするなんて三味線の授業料を払っているんだからおかしいでしょ。結構ですって断りなさい。」というと、「そうだよね。必要ないよね」と娘。そのときは断ったようでした。

背骨がさ、といいながら、後ろから抱きかかえてトントンとしたりすることもあったようですが、元整体師だし、背骨だし、と疑わなかった娘。

娘が甘い!という人もいるかもしれません。

でも、疑いますか?普通に育った子供が。怖い思いをしたわけでもなく、女子校でおっとり育った娘がその行動をセクハラだなんて思わないだろうと思います。

少しずつエスカレートしていった講師が大きく変わったのは昨年の終わりくらいから。

「最近、出るとこ出て来たね」とか「生理、重いでしょ。君みたいな体型の子は重い子が多いんだよ」

そんな言葉が始まりました。

こんなの序の口。

書けないくらい気持ちの悪い言葉が沢山ありました。あー嫌だ。

極めつけは「服を脱げ」

三味線を弾くのに体のラインがみえないから、というのが理由らしいのですが、そのレベルが異常。

もちろん娘は拒否しましたが、脱ぐ、脱がないの押し問答が10分以上。

「君の倫理観がよくわからない。男性はバストトップを出しても平気なのになぜ女性はダメなの?僕は気にしないよ」

あなたの倫理観が異常なだけですから!

結局、肋骨がみえる位置(胸の下)まで服を上げさせるということをしました。

ありえないです・・・

こんな嘘、子供がつくと思いますか?

一度始めたものはやり遂げなさい!と絶対にレッスンをやめさせないタイプの親でもないので、娘がやめたい理由としてこんなことをいうことはありえないですし、娘がこんな嘘をつく理由が浮かばないです。ただ、やめたいといえばいいだけですから。

講師を困らせたいという理由でもないです。「そんなこといわなくていい。気持ち悪すぎて関わりたくもないからただやめたい」と娘は私にいったのですから。だから私も最初はただ「やめます」とその講師を派遣している代表宅に電話をしたのですから。

向こうが「その理由を教えてください」というので、答えただけですから。

なんて卑劣なのでしょう。

ロリコン講師はもちろん、代表やその奥さんも彼が嘘をついていることはきっとわかっています。わかってはいるけれど、自分のところの講師の不祥事は隠したい、認めたくない。

だから「録音していますか?」と何度も聞いてきたのでしょう。

最低。

彼らの弁護士も事実だろうなってきっと思ってる。

それでも依頼人は守らなきゃならないですからね。

他人の心を傷つけておいて、保身ばっかり。

神様はみているよ。

 

 

2017年07月26日

先日こちらで載せたラブちゃん2匹の里親が決まりました。

写真と詳細をインスタとfacebookにアップしたところ、中学からの友人が「うちで引き取りたいです」と。

彼女は北海道で牧場を営んでいて、雑種の先住犬が13歳女子なので女の子の黒ちゃんを、そして沖縄のグループ牧場で男の子の白ちゃんをということでした。

沖縄の牧場では少し前に男の子のラブラドールが亡くなってしまい、ご縁だなあと思ったのだとか。

2匹ともずっとケージに入れられて生活していたので、トイレトレーニング中とのこと。自由に外に出入りできる環境か一日中じっくりと犬達と接することのできる人じゃないと難しいだろうなと思っていたので環境的には最高だわと思いました。

その上、彼女はブリーダー放棄の猫も飼っているので、保護犬猫に対する理解が深いだろうと思ったので、きっといい里親さんに違いないと。

「黒ちゃんは複数回出産させられているので、おっぱいがだらんと垂れ下がっているの。」「トイレも何度か出してあげないとダメなの。」「室内飼いが条件なの。」

私は保護犬猫の話をするとき、マイナスの情報もきちんと伝えて、躊躇がみえるようであれば勧めないようにしているのですが、「おっぱいなんて全く気にしないよー。なおさら引き取りたいくらい!トイレも了解です!」と友人。室内飼いに関しては「先住犬が夏の間は外にいるので一緒にと思ったの。生活環境を考えてみるからちょっとだけ待って」と1時間程考えてから「大丈夫!」

自然の中を自由に走り回れる環境で人や動物(犬、猫、馬)と暮していけるなんて、ものすごく幸せなんじゃない?

よかった!本当によかったです。

一昨日は生後2ヶ月の茶トラちゃんもご近所友人のお友達が里親になってくれることになり、私もとっても幸せな気分♡

みんな幸せになりますように。

 

今日の写真。

犬猫用おやつ。鶏ミンチ、かぼちゃ、スキムミルク、米粉、チーズ、インターナチュラル、不思議な粉で作りました。夏バテ防止、免疫力アップに!

ドッグランの犬達にも我が家の犬猫にも大好評!

 

2017年07月25日

暑いーーーーー!

かき氷が食べた――――い!

土曜日のこと。

犬の朝散歩を終え、シャワーを浴びてご飯を食べると、急激に眠気が。3時間のお昼寝の後の冒頭の叫び。

「いつまで寝てるのーーーーー!かき氷を食べに行くよ」

かき氷という言葉に反応し目が覚めた娘。

「どこに行くのよ」

そうなのです。この辺りはかき氷やさんがほとんどなくて。

「じゃあ、かき氷探しの旅に出よう♡」

って、ほどでもないのですけれど。

「そういえばさ、奥渋の道にかき氷ののれんがあったような気がするよ」と娘。

ぷらぷら行きましょ。

途中で寄り道。「ナタデクリスチアノ」のエッグタルト。絶品です。

 

奥渋のかき氷は、、、閉まっていました。残念。

「渋谷に行けばどこかしらにあるよね、きっと」

アイスクリーム屋さんはいくつも見つかるのに、かき氷って結構ないものですね。

仕方がないのでネット検索。さっさとすればよかった・・・ヒカリエの中には数店舗あるようです。やった。

ヒカリエに着くとまた寄り道。

松野グラスビーズのピアス。

たまたまその日もここのピアスをつけていて、店員さんが「あっ!ありがとうございます」

新作が出ていたので娘とひとつずつ購入したのでした。

ようやくかき氷。

7階にあるうどんやさんのかき氷。マンゴーと抹茶の2種類しかないので娘がマンゴー、私が抹茶。

大きいのなんの。

娘の顔と比較して下さい。バカでかです。さっき買ったばかりのピアスもつけてご満悦。

マンゴーは生マンゴーがトッピングされ、中にはヨーグルトが入っていました。

抹茶は栗と白玉がトッピングされ、中には羊羹が。

どちらも美味しかったのですが、ホントに大きくて、クーラーの効いたお店で食べていると寒気がしてきたほど。途中で断念しました。

お店から出ても「寒いね。」

ヒカリエの中をみたかったのですが、あまりの寒さにさっさと退散。外に出ると、「ああ、気持ちがいいわ~」

と、なんかひっかかる・・・あっ!ビーサンの鼻緒部分が壊れちゃってる!

直前に私のビーサンを踏んだ人がいて、気づかずに動いたせいで壊れてしまったんだと思われます。

目の前は109。

何かあるかな、ビーサン買えるかな、と入ってみたものの・・・うーん、困った。

「アディダスショップもすぐそばにあったよ」と娘。

そうだった!スニーカーを買おう!

可愛いでしょ。

帰宅して「疲れたー。お腹は空いていないけどサラダが食べたーい。ご飯作りたくなーい」とぼやいていると、娘がコブサラダもどきを作ってくれました。うふ。

 

今日の写真。そのコブサラダです。

 

2017年07月24日

里親募集です。宜しくお願い申し上げます。

推定5、6歳のラブラドール2頭。

警察犬の血統の子達だそうです。劣悪ブリーダーから引き出されました。

白は男の子。天真爛漫でいつも嬉しそうに尻尾を振っている、まさにラブ!という感じの子です。

黒は女の子。頭がよくちょっぴり神経質なので、この人!と決めた飼い主さんにべったりなタイプ。複数回出産させられています。

どちらも人、犬猫にフレンドリーなので飼いやすいそうです。

お見合いの上、トライアルを経て譲渡となります。

私は黒い子に会ったことがあるのですが、優しい顔をした懐っこい子でした。

2匹とも充分に食餌や水をもらえていなかったのでまだガリガリですが、少しずつ肉もついてきています。

 

7月26日追記。

2匹とも決まりました!

北海道で牧場を営む私の友人のところに黒ちゃん、沖縄の牧場に白ちゃんがいきます。

「複数回の出産でおっぱいが垂れ下がっているの」「ケージに入れっぱなしだったからトイレの回数がまだちょっと多いの」

せっかく決まっても返されたりしたらかわいそうなので、保護犬を検討してもらうときはマイナスの情報もきちんと、ちょっと大げさにさえ伝えます。それに対しても、

「おっぱいなんて全く気にしないよ!なおさら引き取りたいくらい」「トイレも了解。家族として死ぬまでご一緒するよ」と嬉しい言葉。

よかったね!

幸せになってねーーーー!

 

2017年07月24日

ベトナム6日目。

ホーチミンに戻りました。

行く前に「どの国内線にする?ジェットスターパシフィック?ベトナム航空?ベトジェット?」と検討し、安全ランキングで高かったベトナム航空にしてみました。私はあまり考えないのですけれどね。でも、そういわれたらそのほうがいいし。

ホーチミン、ダナン間は行きも帰りもビジネスを選択。たった1時間40分程度なのにこんな機内食が出ましたし、やっぱり色々優遇してもらえるので楽でした。

ホーチミンはまたマジェスティックホテルで。

いい香り~♡

チェックインを待つ間にウェルカムドリンクを飲みながらソファに座って同行者と話していると、隣りに座っていた4人組の女性(母くらいの年代)が「あの、日本人の方ですよね?このホテル、ディナーブッフェがあるって聞いたんですけどどこでやっているんですか?看板とかがないからわからなくて。」

「朝ならブッフェですよ」と答えると、「いえ、私達、このホテルに泊まっているわけじゃなくて、今晩遅い飛行機で帰るんですけど、ここのブッフェで夜ご飯が食べられたらなあって思っているんです。」

じゃあ、聞いてみましょうか、とフロントに行き尋ねてみると、「夜も5階でやっていますよ。宿泊者じゃなくても大丈夫です。ダイレクトにレストランに行き、その場で25ドル払って下さい。予約も必要ないです。」

その旨を伝えると、「よかったわー。ありがとう!じゃ、それまで近所を散歩してきましょうか」と出ていきました。

母や母の友人が一緒に旅行に行ってもこんな感じなんだろうなってほのぼのした気持ちになりました。

部屋に荷物を置いたら近所へ買い物に。

ドンコイ通りに面しているので行くところは色々あります。

ダナンで沢山買ったプラスティックバッグでしたが、ホーチミンのお店は半額以下!しまったー。もっと調べておくんだった。

で、また沢山買い込みました。

刺繍物も色々。可愛いです、本当に。

買い物で手がいっぱいになったので一度ホテルに戻り、友人との食事タイムまでフットマッサージをすることに。

ホイアンで受けたフットマッサージは700円くらいで上手だったので期待していたのですが、ホテルのそばのマッサージやさんはうーん、いまいち。ホイアンより高いし、施術が終わり支払いの段階になると、「チップも足してください。」

えー、聞いてないよー、ホイアンでは取られなかったし、チップ。

上手じゃないのにチップ?それも最初からいわれていなかったのに?

と、ブーブー不満をいい、払いません!と拒否すると、「じゃあ、いいです・・・」としぶしぶ。

ホーチミン在住20年以上の友人にその話をすると、「えーーーっ!払わなかったの?マッサージはチップは別なことが多いんだよ。」

・・・ごめんなさい!

 

夕食は希望していたお寿司やさん(美味しんですって!)がいっぱいだったので、オススメイタリアンへ。

ここも人気だそうで、満席に近い状態でした。

 

ここは全てが美味しかった!

秋に東京で再会しよう!と友人とハグしながら23時頃に別れ、ホテルに戻ると急いでパッキング。

5時には起きなくっちゃ!と慌てて就寝したのでした。

2017年07月21日

ベトナム5日目。

ホテルから徒歩10分のところにある「五行山(マーブルマウンテン)」に行ってみました。

14世紀以前から続くチャンパ王国の遺跡もあるそうです。山全体が大理石でできていて、寺院で参拝したり、洞窟を見学することができます。ベトナムの超パワースポットといわれています。

なかなかの絶景なのですよ。

吉祥寺の沖縄料理やさんのママにそっくり!

こうやってあとから写真をみると、ちょっと怖いかなって気もするのですが、実際に参拝しながらみていると神聖な気持ちになります。

行って良かったなあと思いました。

 

汗だくだくになりながらホテルに戻り、シャワーを浴びてからホテルを移動。今度のホテルは「フラマリゾート」。

素敵!

ウェルカムドリンクもこんなに可愛い♡

 

ザ・リゾート、といった感じの豪華ホテル。

メリアでは写真を撮り忘れてしまったので、ここではちゃんと撮りました。

部屋もお洒落でしたし、ベトナムで泊まった3つのホテルの中で朝食のブッフェが一番充実していました。

でもなんといっても立地がいい!

ダナンのホテルはどこがオススメ?と聞かれたら、フラマかそのお隣りのプルマンがいいと思うよ、と答えるかと思います。

メリアからは中心街に行くのにタクシーで15分以上かかりますし、徒歩圏内には五行山くらいしかない。それに比べてフラマは中心街まで車で5分くらいですし、ホテルの周りにはちょっとしたお店もある。ミーケビーチも徒歩でいけます。

ただ、メリアのほうがスタッフが親切でした。エントランスのスタッフもフロントスタッフもお掃除のスタッフも何を聞いても皆一生懸命に調べてくれましたし、感じもとてもよかったです。

 

チェックイン後はそのまま買い物へ。

ハン市場までタクシーに乗り、ダナンで有名な「フェーヴァ」というチョコレート屋さんに行ったり、プラスティックバッグを買ってみたり。

そろそろお土産も買わなくっちゃと、海外で必ず行く地元スーパーにも。

ロータスティと檸檬塩を買いました。

そうなのです。ベトナムってこれっ!ていうお菓子があまりないのです・・・しょぼん。

沢山の荷物を抱えてホテルへ戻ると、休む間もなく水着に着替えてビーチ見学。

朝からひとりでフル回転だな、私。

 

夜はホテルのフロントスタッフに聞いたイタリアンへ。

美味しいと聞いたのだけど・・・うーん。

 

 

 

 

2017年07月20日

ベトナム4日目。

「せっかくだからシュノーケリングでもしよう!」と、前日にcham島のツアーを予約。

朝8時にホテルまで迎えに来てもらい、出発。

ガイドのおじさんはインディアンみたい。英語のなまりも一般のベトナムの人とはちょっと違ってわかりづらかったのですが、妙に話し好きなおじさんで。途中までは一生懸命会話に加わっていたのですが、そのうちに面倒くさくなり、他の人に任せて私は車からみえる景色に集中することにしました 笑

車で45分くらい走ると、フェリー乗り場に到着。フェリー待ちの人が沢山!

「8時じゃないとツアーに間に合わないのよー」というので早朝から頑張ったのに、フェリーに乗るまで40分以上待つはめに。まあ、ここが暑くて。熱中症になりそうでした・・・

「どうしてこんなに待つの?あとどれくらい待つの?」とおじさんに軽く文句をいうと、「ファリー乗り場に到着してからフェリーを申し込むから時間がわからないんだよ。乗る人が多ければ待つ時間も多くなるんだよ」

はーーーーっ?

なんだそのシステム。だったら事前にそういってよーーーー。

ようやくフェリーに乗ると、ライフジャケットを着るように指示されました。搭乗者は15人くらいだったでしょうか。小さいフェリーにライフジャケットでもこもこになった15人がぎゅうぎゅうに座ります。そして出発。

速いっ!そして揺れます。飛ばされそう!ちょっとしたアトラクション状態でした。

島に到着すると、まずは軽く観光。

お土産やさんや海鮮の屋台があるそばで住居があるという不思議なところ。

お腹壊さないかしら?と思いつつ、つい食べてしまったウニもどきとカキもどきとイカ。

ね。ちょっと心配になるでしょ。暑いんですよ、ものすごく、ここも。

全く問題なかったですけれどね。

観光後はいよいよシュノーケリング。

珊瑚と熱帯魚がみえて気持ち良かったです。

でも、いわれるほど綺麗な水ではなかったかな、という印象でした。

シュノーケリング後はランチ。

私達の他にあと一組だけ日本人がいたので、「この4人はグループね」ということになり、東京から来た同年代のご夫婦と同じテーブルで食べたのでした。感じのいいご夫婦でよかった!

味はまあまあ、いや、こんなものか、って感じでした。

15時過ぎにホテルに帰宅。

せっかく水着を着ていることだしと、そのままホテルの前のプライベートビーチへ。

ほぼ誰もいない・・・

遊泳区域も子供プールかっ?ってくらい小さくて。これじゃあ誰もいないわけです。

少し先のミーケビーチには芋洗い状態の人、人、人、なのに。

ということで、ビーチに設置してあるハンモックでビール。絵葉書みたいな景色です。

 

夜は「ダナンはやっぱり海鮮だよね!」ということで、またまた海鮮。

フロントの人のオススメ「be anh」というところ。

バケツやいけすに入った魚や貝を好きなだけ選び、重さを量って値段が決まります。料理法を伝えて席で待つ、というシステム。

ミーケビーチ沿いのお店なのですが、この通りはこのスタイルの海鮮レストランがずらっと並んでいます。

ビールは氷入りね。

いやー、美味しかった!

お腹も全然問題なかったですよ。

ダナンへ行ったら是非!

 

食後はビーチ沿いをぷらぷらと散歩。

23時近くだったのですが、危険な感じは全くしなかったです。

お店も多いし、とにかく人が多いです。

みんな普通に飲んだり音楽を聞いたりと、楽しそうに過ごしています。

本当にいいと思います、治安。

といっても、女性が夜ひとりで歩いても全然大丈夫よ、という保証はしないですけれどね。

 

充実の4日目でした。

 

 これがそのミーケビーチ。すごい人ですよね・・・

 

 

 

2017年07月19日

3日目はダナンに移動。

宿泊先は「メリアダナン」。

マジェスティックとはうって変わって今風のお部屋。写真を撮るのをすっかり忘れてしまったけれど。

ダナンに来たら是非行ってみたいと思っていたのがホイアン。

夜になるとランタンが美しい街。

ホテルからはタクシーで30分くらいらしい。

ホテルのフロントでオススメのレストランをいくつか教えてもらい、いざ、ホイアンへ。

本当に綺麗でした!

小舟に乗って灯籠流しを体験したり、屋台でドリアンや面白いアイスを食べたり。

教えてもらったレストラン「mangomango」でカクテルを飲みながらお洒落ベトナム料理を。

美味しかったです!

歩き疲れたのでフットマッサージも。30分で700円くらい。上手でしたよ、なかなか。

充実のダナン初日、でした。

 

 

2017年07月18日

8日から1週間、ベトナムに行ってきました。

高校からの友人が20年以上住むホーチミン。彼女がいる間に一度くらいは行ってみたいなと思っていたのですが、突然、ひょんなことからホーチミン行きの話が出て、よし行こう!となったのでした。

決定したのがぎりぎりだったので、ガイドブックを買ったのは2日前。

そのくせ、インスタでみつけた可愛いバッグのデザイナーさんとコンタクトをとったり、友人に下調べをしてもらったりと準備万端。

出発!

空港でチェックインの際、「混んでいるみたいですね」といったところ、「ほぼ満席なので宜しければビジネスクラスにご案内させていただきますが。」

やったー。それなのに、ビジネスクラスでもなるべく足元が広い席でお願いします、とさらなる希望をつたえた私。

ホーチミンまで快適に過ごしました♡

滞在ホテルは1925年創業の老舗、マジェスティック。

クラシカルで重厚な造りに惹かれて泊まってみたいなあと思っていたのです。

それなのに他のホテルと比べて高いわけでもなく、もうここしかないわって。

エントランスはすごくいい香りがするし、エレベーターも部屋も素敵でした。

 

翌日は友人達と仕事回り。

さすが長年住んでいるだけあって流暢なベトナム語を操る友人。すごい!

移動は全てタクシーだったのですが、ベトナムはタクシーがとっても安いのです。30分乗っても600円くらい。住所を伝えればぴったりな場所に連れて行ってくれるし、旅行者が1人で乗っても危なくないですし。

それよりもなによりもこの国で自分で運転するのは絶対にやめたほうがいいってつくづく思いました。だって交通ルールなんてあったもんじゃないですから。

これはホテルの窓から撮ったものですが、実際はこんなものじゃないくらい、バイクが車の間をびゅんびゅん抜けていき、車は延々とクラクションを鳴らしながら周りをどかすように走っていくのです。

その中で歩行者はタイミングを取りながら横断していかなくてはいけなくて。

最初は人間スレスレに走って行く車にドキドキしましたが、元々図々しいのか、翌日からは「はいはい。渡りますよー。止まってねー」って感じ。

治安はいいです、かなり。夜に女性が1人で歩いていても怖い目に遭うことは少なそう。

ただ、友人から「そのネックレス、引きちぎられるかもしれないから外しておいたほうがいいよ。今まで遊びに来た中で2人がそうやってすれ違いざまに盗られちゃったから。」

バッグを切られてお財布を盗られるとか、そのレベルの犯罪は多いようです。

 

夜は友人のご主人も合流し、美味しいステーキ屋さんに行きました。流行っているんですって、ステーキ。

ステーキ屋さんでもその後にいったハイアットでも沢山お酒を飲み、楽しい気分でホテルに戻ったのでした。

おかげで翌朝は頭を動かすとふわ~っとしていたので、バスタブに浸かり酔い冷まし。マジェスティックホテルは熱いお湯がちゃんと出るので気持ち良かったです。

 

 

 

 

 

2017年07月18日

1年くらい前だったか、友人の家で出会ったTさん。

私のことを「大天使だったのよー」といった人。

そして友人のことを「彼女は別の天使。あなた達2人はもともとみていた奉仕の教科書が同じだったのだけど、そのあとの進んだ方向が違って今にいたるの。だからベースの部分は一緒なのだけど、受け止め方や対処の方法が違うのよ。」

そんな話をしていたのですが、最近も友人の家にTさんが遊びに来たようで、「そういえば、私と彼女は同じ教科書を読んでいたんだよね?」と聞いたところ、「そうそう。途中までは一緒の教科書で勉強していたんだけど、その後の進路が違ったの。例えると、あなたは専門学校に進み、彼女(私)は大学に進み、その後ハーバード大学にも行き、そしてMBAも取ったのよ。超優等生。だから何事にも一生懸命で手を抜かないの。もっと楽に生きることができるのにそれをしない人。いつも頑張って人のために尽くしちゃう人。途中で投げ出したり、放っておいたりしないのよ。」いったのだとか。

ハーバード 笑!

「だってさー。でもさ、すごくよくわかるよね。(私)ちゃんは皆に優しいもん。助けを求められたらどんな人だってどんな状況だって助けちゃうもん。すぐ相手の状況や心境を考えちゃうし」

ハーバードを出ても、楽じゃないってどういうこと?

「ホントは誰よりも楽に楽しく生きていけるのにね。わざわざ大変な道を選んじゃってるよね。私は専門学校でできる範囲でのんびりやっているからつらくない。大変だったら助けたりしないし。自分にとって不利益な人はいらないし」

そんなことをいっているけれど、私の知る限りの彼女はとても優しい。どんなときも親身になってくれるし、真剣に考えてくれる。でも押しつけがましいところはひとつもなく、とっても大人。

ま、現実の私はハーバードからは程遠いので、魂レベルがハーバード出身ってことだけでよしとしよう 笑

 

 

 

 

2017年07月07日

マンゴーピューレを買ってから数ヶ月。

マンゴーはそんなに好きじゃないのになぜ買ってしまったんだろうと思い、箱を横目で見ながら手をつけずにいたのでした。

そういえば以前もマンゴーピューレを放置し、いつの間にか賞味期限が切れたことがあったっけ。

なのになぜまた買ってしまったんだろう・・・

と、キッチンで自問自答して数日、ようやく思い立ってマンゴープリンを作ることに。

マンゴーピューレ、生クリーム、牛乳、砂糖、粉ゼラチンと材料も家にあるものばかりですし、工程もいたって簡単。

そしてお味は、、、

美味しいぞっ!

マンゴー臭さがなく、甘さも少なめ、けれど濃厚。45%の生クリームがよかったんだな。

お店のものより好きだわ。って、当たり前か、自分好みなんだから。

マンゴーのあの独特の香りが好きな人からすると物足りないと思います。

さっぱりしたければヨーグルトを入れたらいいかも。

大満足。

こんなことならもっと早く作ればよかった・・・

 

今日の写真。

そのマンゴープリンを。大きな器でドーンと作ったの可愛くないですけれど。

 

2017年07月06日

「奉仕」

私を視てくれたほとんどの人がいう言葉。

「あなたは奉仕の人」だと。

まあ、私の座右の銘が「自分を愛するように隣人を愛せよ」という「奉仕」を意味する聖書の言葉なので理解できるのですけれど。

人によって伝えてくれる言葉は少しずつ違い、

「あなたは前世は大天使だったのね(この方は天使に例えます)。大天使は天使の中でも位が高くて、他の天使たちの為に尽力してきたの。だからね、今生はもうしなくていいの。自分のこと、自分の幸せだけを考えていればいいの。綺麗なもの、好きな物に囲まれて笑っていればいいの。それで周りも幸せになるのよ」

「あなたの今生の課題は奉仕。もう8割方クリアしているからあとちょっと頑張って。ここで合格しておかないとまた同じような形で頑張らなくてはいけなくなるわよ。大丈夫。あなたならできるから」

「あなたは手を抜かないしストイックな性格だからすごく頑張ってきてしまったかと思うけど、もうすぐそれも終わりますよ。そのまま信じて進んでいけば大丈夫。様々な困難からあなたを神が守るから。あなたが思うよりもっと大きな結果が得られるから。もう頑張らないで笑っていて」

といった感じではあるけれど。

もういいよという言葉と、頑張ってやり抜けという言葉。

言葉だけみると反対ですよね。

私もずっと、「どっちがホント?どうすればいいの?」と思っていました。

でもつい最近、友人と話していた時に、あれ?もしかしたら全部同じことをいっているのではないかなと気づいたのです。

その友人は天使に例える人からまた別の天使をいわれていて、「元々は2人とも同じ教科書をみていたの。でも卒業後に進む形が違ったから天使も変わってきたのよ」と。

その友人は「同じ教科書を読んでいたというのは私もなんとなくわかる。でも(私)ちゃんは優等生だったから大天使で卒業したんでしょ。だから本当に優しい人。私は劣等生だったから万人には優しくないのです」といったのですが、彼女もとても優しく温かい人。頼りになるし。だけど、誰にでも心を砕くことはしない。大切な人、本当に困っている人にはとことん助けて寄り添ってくれるのだけど。私の場合はただの甘え、かまってちゃんにさえも、かわいそうだな、大丈夫かなと自分のことを差し置いて頑張ってしまうところがある。それで疲れたり嫌な思いをすることもある。神様はここを学べといっているんじゃないかなって。

だから奉仕を「もういいんだよ」というのも正しいし、「やり抜け」というのも苦しみからの経験、学びで奉仕の形を考え直すという意味で正しい。そういうことなんじゃないかと。

タロットカードの「読み」みたい 笑

 

 

2017年07月05日

女の人って少しずついろんなものがお皿に並んでいるとうきうきします。クッキー缶の詰め合わせなんかも大好き。

銀座菊廼舎の「冨貴寄」はまさに女子の気分が上がるお菓子ですよね。ちっちゃくて可愛いお菓子が沢山詰まっています。

超美味しい!ってわけではないのですが、なんとなく懐かしくて、手が止まらなくなる味。

デパートに行くといつも買おうかなと思いつつ、違うお菓子を選んでしまっていたのですが、先日、特別食べたいお菓子もなく、じゃあ、買いましょって。

うふふ、やっぱり可愛い♡

娘も絶対に好きなはずだわと思い、「はい!」って渡すと、「うわあ。可愛い!」

おまけに娘は金平糖や落雁が大好きなので缶を抱えて「とまらない!」

どれが好き?と聞くと、「金平糖。ソーダやミント、全部味が違うんだよ!」

欲をいえば、しょっぱい系も少し入っているといいんだけどな・・・

 

今日の写真。娘のお弁当です。

ちりめん山椒と小松菜の炒飯おにぎり。

ラタトゥユとチーズ入りオムレツ。まるく作ってみました。

ミートローフ。

いんげんの胡麻和え。

梅干し。

ホノルルクッキー。

 

2017年07月04日

インスタグラムでとっても可愛らしい麻素材のバッグを発見。

デザイナーさんにメッセージを送った後、ベトナムの商品だったので、すぐにホーチミン在住の友人に連絡し、「これすごく可愛いと思わない?こんな感じの小物や雑貨、お洒落なものがあれば日本で販売してみたいなって思っているんだけれど。」と販売先のお店の情報とともに伝えると、「何これ!超絶可愛いっ。ベトナムの町ではこんなお洒落なのみかけないよ!」

ホーチミンのお店なんですけど・・・

数時間後、「今、時間があったから、そのお店に寄ってみた。実物も超可愛かったから注文しちゃった。昨日から発売なのにすでに完売で受注生産になるらしいよ。注文しとこうか?私はピンクにしたけれど、どっちがいい?」

ピンクとオレンジの両方をお願いします。

「そしてデザイナーさんがいたから、ちらりと話をしておいたよ。感触としては卸なんかも考えてくれそうだった」

さすが長年の友。できる女だ!

デザイナーさんからも返信があり、やりとりをしていると、「〇〇さん(ベトナム在住友人)を通してバッグのご注文をいただき、ありがとうございます。そして〇〇さんと(私)さんのことも少しお話をさせていただきました。何かあればぜひご相談下さい。」

いい感じだ!

こんな感じで素敵なものがいくつも見つかるといいなあ。

友人とは高校生の時からの付き合いなのですが、状況判断が素晴らしく、大学生の時の一日バイトを一緒にやった時には、30人くらいの知らないバイトさん達を2人で合理的にまとめて動かしてしまったこともあるくらい、この人と一緒にコンビを組んだらすごくやりやすいだろうな、仕事がうまくはかどるだろうなと思える人。

そんなことはすっかり忘れていましたが。

そうだ、あいつはすごいやつだった!と思い出して妙に嬉しくなってしまった次第。

なんだかとっても楽しくなってきました。

いいことがあればいいなー。

 

今日の写真。娘のお弁当です。

2色ご飯。鳥そぼろと味噌たまご。

ツナ入りラタトゥユ。

梅干し。

みかん。

 

 

 

2017年07月03日

1台のパソコンの調子が悪く、そのまま放っておいたのですが、「もうそろそろ新しいの買いなさい!これじゃ仕事がはかどらないから!」と社長。

設置するのがまず面倒、Faxやスキャナー、他のパソコンと共有させたり、中身を移動させたりすることを考えると、また今度、来月には、なんて感じで延ばし延ばしで恐らく半年近く。

ああ、そうよね、やらなきゃ。

世の中はwindows10。横長のモニター。絶対に使いづらい・・・

なんていっている場合ではない。

一念発起して頼みましたよ。

設置移行業者を探してみましたが、色々とやってもらうと結構な値段になりそうなので、とりあえず自分でやってみることに。

設置はなんとかなりました。インターネットの接続もok。

でも!

なんてこと。windows10はパソコン引っ越しツールがないんですって!

外付けのHDDにコピーしておいた中身を上手く移動できないじゃん。どうするのさ、、、

こんなことしていたら時間がもったいない。

ということで真剣にパソコン設置移行業者を探してみると、あら、この個人の業者さん、とっても良心的♡

早速コンタクトをとると、感じがとてもいい方。

1週間後しか予約が取れませんでしたが、この方にお願いすることにしました。

そして今日、その業者さんがやってきました!

すごい。

お願いして本当によかったー。

パソコンの中身の移行、全てのパソコンメールをwindows live mail からoutlookに変更、Fax2台をそれぞれ繋げて共有させ、スキャンもできるように設定、パソコンのメールをスマホで選択しながら見られるように設定・・・

気になることは全部やってくれてお支払いは1万円台!

「あとからわからないことがあればいつでもご連絡下さいね。なんでもお答えしますよ!」

最後まで親切で感動でした♡

 

2017年06月30日

千葉県鴨川、大山千枚田近くに犬仲間がドッグランを作りました。

5000坪、らしい!

幼馴染達と早速行ってまいりましたー。

今回は4人と4匹。「私が車出すよー。一台で行けると思う」という運転上手のシエママの車でいざ出発。

仲良し幼馴染達なので、車の中でも大盛り上がり状態!

「静かにしなさーい!」と何度いえども、ドッタンバッタン。そりゃ楽しいよね。飼い主達も「遠足だーーーー!」って盛り上がっているくらいだし。

おとなしくなる間もなく到着。

まあ、素晴らしいこと!

棚田の景色が見渡せる場所に大きなドッグラン。その周りもずーっと所有地なのだとか。すごい。

「この景色、バリのライステラスみたいだよね。日本じゃないみたい!」

犬達も飼い主達も大はしゃぎ。

ドッグランの持ち主さんが至れり尽くせりで、昨日のうちに慌てて日よけを作ってくれたり、「飲み物もチョコもケーキもあるよ。ランチは素敵なカフェを予約しておいたから。」

日よけにはボンボンチェアーなどが置いてあり、ドッグランで遊ぶ犬達をのんびり眺めることもできるのです。横の木には甘夏が生っていて収穫してみたり。

幸せ~。

どろんこになりながら遊びました!

 

そしてそのランチはここ、「草 so」。

素敵なご夫婦が経営する可愛らしいお店。地元の野菜を使った優しい料理でした。美味しかった。

「今、温泉を掘っているところなんだ。簡易宿泊施設も作るよ」ですって。

でもドッグランはじめ、これらの施設は一般に開放するためのものではないそう。

「だからいつでも来てね。今度はバーベキューをしよう!」

最高♡

いつもの公園のドッグランも楽しいですが、自然の中で自由に走り回れる場所で遊ぶ犬達は本当に幸せそうでした。

ありがとうございました!

 

2017年06月29日

犬仲間と散歩中、おもむろに「あのさあ、預言カフェって面白いよ。知ってる?」と。

「預言カフェ、高場馬場にあるところでしょ。昔、妹が『面白いよー』っていってた」と答えると、「吉祥寺にもできたのよ。高田馬場はすごく混んでいるけれど、吉祥寺は空いていたからあっさり入れたよ。当たる?うん、そのときの状態なんかを言い当てたなあって私は思った。名前すら聞かれなくて、テーブルにやってきてひとりで話し出すのよ。面白いからいってみたら?」

高田馬場も吉祥寺も普段はあまり用がないからな、、、まあ、機会があればね、くらいでその話を終えました。

そして昨晩、突然その会話を思い出し、ネットで検索してみると・・・ん?赤坂にもあるみたい!

ちょうど仕事で赤坂に行くし、仕事場所からも近い。

まあ、きっと混んでいるだろうけれど、もし空いていたらお願いしてみよう、という程度で、打ち合せより少しだけ早い時間に家を出ることにしたのでした。

到着すると、あれ?席が空くのを待っている人はひとりだけ。

その人もすぐに案内され、その直後に私もテーブルに案内されました。待ち時間はなし。

コーヒー専門店なので、私が注文できるのはオレンジジュースのみ。こういうとき、コーヒー好きだったらよかったのにってつくづく思います・・・

赤いシャツを着た女性や男性のスタッフが「お待たせしました」とテーブルに来て座ります。

たいていの人はスマホを手渡し、スタッフの人はマイクのように口元に持っていきながら話していました。

3~5分くらい一方的に話すと、「ありがとうございました」と席を立ち終了。

ふーん。面白いぞ。

と観察していると、私の前の人の番。早い!

そしてすぐに私の番でした。

華奢な女性がやってきて、スマホを渡すと、突然話し出しました!

それまでのその女性はどちらかというと笑顔が少なくとっつきにくい雰囲気だったのですが、その預言を話すときは超笑顔。早口で明るく元気な感じに変わったので驚きました。

その女性は私の左肩の辺りやたまに上を見ながら話します。

どうやらその言葉と会話したり質問をしてはいけないみたい。というか、そんなことはできないくらいのスピードです 笑

その内容といえば、ちょっと涙が出そうになりました。

現状に関して言えば、「当たってる」。

そして未来については「自分でも思いもよらないような素晴らしい花が咲く。」

「元々あなたの中にはその花があるのだけれど、その周りに冷たく固い氷が張っているかのように、様々な困難や辛さに覆われてしまっていた。だけど、もう大丈夫。その氷も全て溶けていくから。あなたが頑張っているときにもソファでくつろいでいるときでもあなたを守るから。だから諦めないで。あなたが思う以上の結果が訪れるから。あなたに贈るから。全て上手くいくから心配しないで。」

「あなたは通訳?みたいなイメージ、誰かや何かを繋げるようにしていくことになる。それは誰かを助けることになり、みんなにも感謝され、そしてあなたもそれによってさらに高みに上って行く、押し上げられていくことになる。」

そんなことをいわれました。

これね、私の信頼するGさんにも何度もいわれたことなのです。

友人がとても信頼するNさんにもいわれましたし。

「今まで本当に頑張ってきたことはわかっています。あなたは真面目、なんでも一生懸命、精一杯やってしまう。」

そうですね。見た目と違って、手を抜いたり休んだりはできない貧乏性です。

録音時間は4:30。

一気に話した後は、「ありがとうございました」と一瞬にしてクールな女性に戻り、席を立って行ったのでした。

なんの情報もないところからGさんやNさんと同じことを口にした預言カフェスタッフさん。天晴!

これでオレンジジュース代のみっていうのがすごい。

楽しかったです。

たまたまの預言カフェの話から、たまたまの赤坂に行く用事があり、たまたま空いていて、ベストなタイミングで体験できたこともきっと何かのお告げなんだろうなって思いました。
 
不思議。

 

 

 

 

2017年06月28日

昨日はサプリの社長達と会い、新しい成分の話も含め、興味深い時間を過ごしました。

「友人がサプリ(赤瓶、青瓶)を飲んで3ヶ月目なのですが、尋常性乾癬がすっかり治ってしまったと報告がありましたよ。うちの猫の蚊のアレルギーにも効果が出ていますし」と伝えると、「そうなんですよね。3ヶ月くらい飲むとその人に合うかどうかがわかるし、乾癬やアトピー、アレルギーはかなり効果が出ると思うんだよね」と社長。

「そういえば、先日皆で会った際、妹さんのお知り合いという乳癌から肺に転移しているステージ4という方を紹介してくれたでしょ。TGF-β値を計ったらそれほど高くなかったので、インターナチュラルと青瓶を飲んでもらって2ヶ月くらいなんだけど、随分良くなったんだよ。あのとき杖をついてやってきたくらいだったのに、今じゃ普通に歩けるようにまでなったんだよ!」

2ヶ月で癌の状態まで良くなるなんて。他にも末期といわれた腫瘍が小さくなって末期じゃなくなったという人も何人もいると聞きました。

インターナチュラルは天然成分で出来ているインターフェロンなのですが、癌に関しては医師のエビデンスもあり、効果を認めている、使用している病院も多いそう。

「リウマチに関しては、初期であれば問題ないのだけれど、リウマチって自己免疫で自分を攻撃して炎症を起こしているからその免疫を抑える治療をしているでしょ。長年免疫を抑える薬を飲んでいるってことだから、免疫力を上げるインターナチュラルを使うことによって、抑えられていた炎症が出てきて痛みがでちゃうことがあるんだよね。インターフェロンがリウマチの改善に効果があるとわかってきてはいるんだけど、その段階で痛みが出ちゃうっていうことで躊躇する医師もいるんだよ」

根本的な治療をするにはインターフェロンが有効だけど、症状を抑える為にはマイナスの作用が出る可能性があるってことですね。

人間の体って難しい。。。

そして、インターナチュラルや青瓶はやはり肌や髪を美しくする効果が高いみたいです。

「お友達が青瓶を飲み始めて1ヶ月。毎月行っている美容院で『何かしたんですか?髪にコシが出て量が多くなっていますね』といわれたんだって。」と妹。その人はその前にインターナチュラルも飲んでいました。

青瓶は肌のバリア機能を整える効果があるので美肌に繋がるのですね。インターナチュラルは免疫が上がり肌の代謝もよくなるので美白や肝斑などのシミの改善に効果があるというわけです。

これらのサプリのいいところは結果が早く出ること。だから「とりあえず3ヶ月飲んでみて」といわれるのです。逆にいえば、3ヶ月飲んでも効果が全くみられなければそれはその人には合わなかったということです。

そして、例の妹から渡された魔法?の粉ですが、このサプリの社長も絶賛していました。「これってすごいですよね!」

この粉をわけて下さる人は利益を追求していないようで、原価分程度の安価さなのですが、「でさあ、いったい何に効くの?」と聞くと、皆で口をそろえて、「色々!」ですって。

特に認知症に関しては身近な人達の中だけでも驚きの改善をみせているので効果はあると思います。

糖尿病の妹の友人も「この粉を毎日続けていたら数値がよくなっちゃって最近は薬を飲んでいないのよー」と嬉しい報告があったそう。

脳梗塞、高血圧にもいいみたい。

その上、「笑っちゃうけどさ、零障にも効くんだよ 笑」と。

家族の体調不良(なんだか聞き忘れました)の為にこの粉を購入した人が「なんなんですか、これ。一回で悪いものが飛んでいっちゃう!」と連絡があったと。その人はいわゆる「視える」人で、その話を聞いて誰かに試したところ、その効果を目の前で見た(感じた?)のだとか。

まあ、それに関しては信じるも信じないも、って感じですけれど。

健康維持、病気予防の為に大量買いしている企業もあるくらいなので、きちんとしたエビデンスは出せないですが、病気や体調不良に悩んでいる人がいたら検討してみるといいんじゃないかなって思います。

このスパーブサイトのトップ画面の左側にある「サプリメント」をクリックするとサプリの詳細がわかるかと思います。

粉も含め、購入ご希望の方、ご質問のある方はスパーブまで電話やメールにてお問い合わせくださいませ。

 

今日の写真。

雨のドッグラン、貸切!

 

2017年06月27日

知り合いから「あのさあ、なんだか白い狐みたいな獣が体の中にいるみたいだなって思うんだけど」といわれてびっくり。

「いつだろう。ずいぶんと昔からのような気がする。幼児期?生まれつき?」

生まれたときから獣がいるの?私に!

「本当のあなたはもっとおおらかなタイプだと思うのだけど。」

うーん。私の1歳の頃のアルバムにも「感受性が強くていつまでもかわいそうだと心を痛めたりしてしまうのが心配」といったことが母の字で書かれていたくらい、私の記憶でも天真爛漫だったことはない。

昔ある人に「あなたは天真爛漫だね」といわれたことがあったのだけど、それはその人が天真爛漫でいさせてくれたからなのかもしれないなって思う。

また、同じ人から「霊の道が広いんだよ」ともいわれた。・・・?

「たとえば、1人の人間に霊が10体収まるとする。10体が上手く収まっていればいいけれど、9体だとその隙間に1体が入ろうとする。だからなるべくその道が狭いほうがいいんだよ。」

・・・初耳だ。

じゃあ、明日の夜から塩風呂に入って邪気を流そう!といって話を終えました。

そして今朝、妹に獣の話をすると、「いないだろ。」

うん。私もいない気がした。

「いたとしても平気で生活しているんだから問題ないって答えておけばいいんじゃない?」とも。

霊の道の話はし忘れたのでまた聞くことにしよ。

私の中に獣はいないと思うのだけれど、でももしかしたら、視える人、感じる人によって、同じものだとしても各々違う形で現れてくるのかもしれないなって思いました。

そうだとすると、その獣の正体は「自分の中で悩み苦しむ問題が暴れ回っている」のではないかと推測します。

面白いです、なかなか。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 104 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス